MENUCLOSE

ウォッチドクター

ウォッチドクター

COLUMN & STAFF BLOG

コラム&スタッフブログ
腕時計のオススメは、電池式と機械式のどっち?
コラム
2022.06.28

 この質問は、時計販売店でよく聞くフレーズです。絶対に機械式(メカニカル式)が良い、または電池式(クオーツ式)が良いと意見が分かれそうですが、私の意見は、どちらも正解ではないと思っています。それは、どのポイントを重要視して購入を考えいるかによって答えは変わるからです。  そこで今回は、それぞれの特徴やオススメな人について紹介します。   この記事で分かる事 機械式時計の特徴やオススメな人  機械式時計とは、ゼンマイを巻き上げ、巻き上げられたゼンマイがほどける力を動力源として動く時計ですが、電池式の腕時計と比べた際に機械式時計の特徴やオススメな人は下記の通りです。   &nb

スタッフブログ|腕時計ベルトの交換時期と選び方
スタッフブログ
2022.06.20

 時計のベルトって悩みませんか?  恐らく大きく悩むポイントは「純正or非純正」と「素材」だと思います。デザインに関しては、好みもあると思うので今回は省きますが、ベルトの交換時期も含めて紹介します。   腕時計用ベルトの素材の特徴  それぞれのベルトの特徴は下記の通りです。ベルトの素材を選ぶ参考にしてください。   素材 金属ベルト ・耐久性が強い。 ・洗浄、修理、研磨が可能で、修理できない状態にまで壊れない限りは半永久的に使用できます。 ・交換コストが高い。 ・水に強いが扱い方によってサビに注意。   レザーベルト ・耐久性が弱い。 ・洗浄、修理、研磨はできない

スタッフブログ|時の記念日について分かりやすく説明します。
スタッフブログ
2022.06.08

 時の記念日とは、初めて日本で時計が設置された日です。時計が設置されたといっても、今のような機械ではなく、水を容器に流し、水面の高さで時を計る「水時計」というものです。  そこで、水時計や時の記念日について分からない方の為に、時計の歴史を踏まえ、説明します。   時の記念日と定められた背景  今でこそ日本は、世界の基準で見ると、時間を守る国のイメージがあります。しかし、日本で初めて時計が設置されたのは、飛鳥時代(593年~710年)、大化の改新(645年)から約20年後の671年6月10日に、天智天皇が、生活改善を目的として近江京(滋賀県)に水時計を設置しました。  そこから時は過ぎ

スタッフブログ|知ってました?腕時計に使用される電池の事
スタッフブログ
2022.06.03

 国内で使用されている時計用酸化銀電池にはメーカー、サイズ、電圧などさまざまです。同じメーカー、型番でも国内向けの電池と海外向け電池があるのをご存じでしょうか?  そこで今回は、どういう電池を選べば良いかについて解説します。   電池は国内向けと海外向けが存在する。  国内向けの電池とは、その通り日本国内で使用するための電池です。海外向けの電池とは、海外の修理用もありますが、実は中国など海外では、多く時計を生産しています。  しかし時計の最も大切な部分であるムーブメントは日本の時計メーカーのものが多く使用されています。生産した時計は当然、電池が組み込まれていて動いた状態で出荷されてい

スタッフブログ|機械式時計のオーバーホールと部品交換について
スタッフブログ
2022.05.12

 本日は、オメガの分解清掃をしています。  時計のオーナー様は、時計を購入して使い始めてからメンテナンス(分解清掃)を一度もしたことがないとの事で、部品の摩耗が進み、内部の部品交換を含む分解清掃の作業しています。定期的にメンテナンスしていれば、部品は摩耗しないのかというと、そうではありませんが、摩耗をおさえる事は可能です。  そこで今回は時計内部の部品交換について話します。   メンテナンスしないと部品は摩耗するの?  機械式時計は、約80個の部品から多いもので1000個をこえるパーツで構成されています。その内部の部品と部品の間には油が塗られています。  油は、部品と部品の摩擦を軽減

スタッフブログ|腕時計の研磨ってどういう時に依頼する?
スタッフブログ
2022.05.11

 本日は、ライトポリッシュ(外装仕上げ)を行っております。 時計の外装仕上げは、内装修理と違ってオプション修理ですが、最近だと個人で時計販売(メルカリ、ヤフオク!)もはやっているので、外装仕上げを考えている方も多くいらっしゃるのはないでしょうか。その仕上げについて解説いたします。   「研磨」ってどういう時に依頼する?    研磨とは、時計のケースやベルトについた使用キズを取り除き、購入当初の輝きを再現いたします。ご依頼いただくケースとして、時計を査定する際は、その時計が本物、相場、状態をみます。店頭にいるスタッフのほとんどが修理技術者ではないため、その状態とは外観で外観が

スタッフブログ|腕時計の専門用語って難しくありませんか?
スタッフブログ
2022.05.02

 本日は、オリエントのオーバーホール(分解清掃)を行っております。オーバーホール(分解清掃)は機械式時計のみではなく、電池式時計も行いますが、お客様に説明する上で、機械式時計って専門用語ってあまり聞きなれない言葉も多いと思います。その1つとして「歩度」ってきいた事はありますか?   「歩度」について解説    時計の「歩度」とは1日(24時間)あたり何秒進み、または遅れがあるかという事で、精度や日差とも呼びます。計測をはじめ24時間後に24時から5秒進んでいれば、歩度は+5秒、また日差は+5秒いう表現になります。高精度な電池式(クオーツ式)腕時計と比べ、機械式腕時計はよく遅

スタッフブログ|2022.4月
スタッフブログ
2022.05.02

銀座で時計のお店を構え、約50年と長い年月を時計とお客様に接している「紗古夢堂」。 老舗時計店は紗古夢堂は「ウォッチドクター」修理を取扱い始めました。https://t.co/OiNahUjnAE#時計修理#ウォッチドクター#紗古夢堂 — WATCHDOCTOR | ウォッチドクター (@technotimeserv1) April 19, 2022   tips|ヘアライン仕上げとは、金属の表面処理加工の一種で、単一方向に髪の毛ほどの細かい傷をつける加工法、およびその加工方法による仕上げのことです….https://t.co/jTV5dNlpEi#時計専門用語#時計#外

スタッフブログ|2022.3月
スタッフブログ
2022.03.31

この投稿をInstagramで見る WATCHDOCTOR.JPN(@watchdoctor.jpn)がシェアした投稿   本日は、時計の取り扱いに関する注意点などを紹介致します。 注意点については以下の通りです。 ■磁気についてhttps://t.co/TdIHnTQnNW ■防水についてhttps://t.co/nlMobccEWL ■自分でもできる腕時計の金属ベルト洗浄グッツについてhttps://t.co/GJLS9rXOwC 是非参考にしてください。 pic.twitter.com/IQ9ZVNQUtT — WATCHDOCTOR | ウォッチドクター (@technoti

スタッフブログ|2022.2月
スタッフブログ
2022.02.28

この投稿をInstagramで見る   WATCHDOCTOR.JPN(@watchdoctor.jpn)がシェアした投稿 本日はテンプの天真交換を行う際の工具を紹介します。 こちらは変な方向に力の逃げず、天真の脱着がスムーズ行えます。 今回はオリジナルの工具ではありませんが、だいぶ昔に購入という事もあって、現在はどこも在庫なしでした。 参考型番:ベルジョンのNO.2677#ウォッチドクター #時計 #天真交換 pic.twitter.com/UajyGFVsTJ — WATCHDOCTOR | ウォッチドクター (@technotimeserv1) February 1, 2022

無料修理お見積もり 概算見積シミュレーター
CONTACT 無料お見積もりフォーム
ウォッチドクターでは、安心してご利用いただくために
無料で見積りを承っています。
お電話、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。