MENUCLOSE

ウォッチドクター

ウォッチドクター

電池交換

MENU
電池式時計が動かなくなった、秒針が2秒飛び・4秒飛びになった場合、電圧低下が1番可能性の高い要因になります。
お客様ご自身で電池交換する際は防水、機能、精度、価値を下げてしまう恐れがございますので専用工具お持ちの時計修理工房にご依頼ください。

よくある修理依頼

クオーツ時計が動かない場合に考えられる原因の「電池交換」とは?
電池式の時計は動力源である電池の電圧が低下すると時計は止まります。
現在だと国産メーカーから充電池が搭載されているモデルは充電することで動作が回復します。ですが一般的なモデルは電池交換が必要です。
修理士のコメント
一般的な時計の電池交換時期に関しては時計の調子が良ければ1~2年近くは動きます。
1~2年未満の場合や時間が狂う場合は修理が必要な可能性がございます。
電池交換ご依頼の際はできるだけ細かい情報を頂ければ、より適切な診断をする事ができます。
時計の「パッキン」の役割と「パッキン交換」の必要性について
パッキンは時計のガラス、リューズ、裏蓋に使われています。パッキンはゴム素材の為、経年劣化すると弾力を失い、最終的に切れます。
修理士のコメント
一般的に時計の周りを覆う外装パーツは金属で作られています。とても精密に作られていますがどうしても金属と金属の間に隙間が生じます。その隙間から水分、汚れの侵入を防ぐためパッキンが使用されています。一時的なコストを抑える為パッキン交換を省くと、水が入った後に修理代が高額になってしまう事も良くあります。
時計の遅れ・進みの場合に考えられる原因の「磁気帯び」とは?
電池式の時計に磁石を近づけると時計は一時的に止まります。
この磁石の磁気が時計内部に滞留してしまう事があり、滞留すると時計に誤作動(止まり・遅れ・進み)を起こします。
この状態を「磁気帯び」と呼びます。
修理士のコメント
磁石は日々生活の中で身近にはありませんが、磁気を発生している物は日々生活の中でとても多くあります。特にスマートフォンは、常に携帯してる人は多いと思います。
スマートフォンの上に時計を置いたり、バッグにスマートフォンと時計を一緒に入れるのは避けた方が良いと思います。大事な時計の為にも身近にある磁気を発生している物に極力5㎝程度離すよう心掛けてください。

目安料金

品目 料金の目安
国産ブランド時計 1,650円~
舶来ブランド時計 2,200円~
電池交換・洗浄セット +2,200円~
※表示価格は税込みです。

修理事例

カルティエ(CARTIER)クオーツ式|465716PX のご依頼
カルティエクオーツ式|465716PX
ロンジン(LONGINES)クオーツ式|L41372 のご依頼
ロンジンクオーツ式|L41372
クレドール(CREDOR)クオーツ式|5A70-0BH0 のご依頼
セイコー|クレドールクオーツ式 | 5A70-0BH0
オメガ(OMEGA)クオーツ式|電池交換のご依頼
オメガ/OMEGA電池式
タグホイヤー(TAG HEUER)クオーツ式|電池交換のご依頼
タグホイヤー/TAG HEUER電池式

 

無料修理お見積もり 概算見積シミュレーター
CONTACT 無料お見積もりフォーム
ウォッチドクターでは、安心してご利用いただくために
無料で見積りを承っています。
お電話、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。