MENUCLOSE

ウォッチドクター

ウォッチドクター

SEIKO

セイコー
「セイコー」の腕時計を所持するオーナー様へ
ウォッチドクターに在籍する技師は、機能性と芸術性を両立した、セイコー腕時計のパフォーマンスを持続し、父から子、子から孫へ受け継いでいける時計を1つでも残したいという思いで、日々時計修理に取り組んでいます。
セイコーの腕時計の修理について私たちにお手伝いできることがございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。
また、遠方にお住まいの方でも、オーダーフォームページから配送キットでの正式な見積りやLINEで相談も可能です。
腕時計であり、歴史に遺すべき機械技術関連資産とされています。
 現在より140年程前(1881年)に、セイコーの前身服部時計店が設立、その後何度か改名を経て現在はセイコーホールディングス株式会社となる。

 

■ローレル
 1913年、国産初の機械式腕時計「ローレル」を販売。
■グランドセイコー
 1960年、世界最高峰の機械式腕時計「グランドセイコー」販売。
特許の切れた1950年代以降はいろいろなメーカーで採用されています。
■クオーツアストロン
 1969年、世界初のクオーツ式腕時計「クオーツアストロン」販売。

 特に有名な3種類の時計は機械遺産にも認定され、時代を画した腕時計であり、歴史に遺すべき機械技術関連資産とされています。普段何気なく見ているセイコーの時計ですが、時計の発展に欠かせない、世界に対して肩を並べ、追い越す歴史をもっています。
 上記以外にも鉄道時計、オートクオーツ(キネティック)時計、特選時計のクレドール、グランドセイコーシリーズのスプリングドライブと多種にわたり牽引してきました。オリンピックの公式時計を担当した事もあります。技術の革新に貪欲に挑戦し続けるセイコーだからこそ成せる業です。現在販売されているアストロンに至っては、GPS時計(衛星測位システム)として右に出るものがないほどの精度を誇り、正確さを求めるユーザーに愛される「高機能時計」です。
 さらに、スマートフォンの普及により正確さよりも、ファッションや、ステイタスとして「高級機械式時計」の人気も出てきています。グランドセイコーだけではなく、キングセイコーの復刻版を販売したり、最新鋭の技術だけではなく、時代に沿った人気の時計を生み出すメーカーです。
 ウォッチドクターでは、セイコー機械式時計(ゼンマイ式)、セイコークオーツ式時計(電池式)、セイコーソーラー式時計(光充電式)などの修理を承っています。お気軽にお問合せ頂ければ幸いです。

セイコーのモデルと料金について

セイコーブランドの長い歴史の中で、数あるラインアップの中から、代表的なモデルを解説いたします。
その他の時計に関する専門用語を紹介しているページもございますので、各ブランドページと併用してご活用ください。

ASTRON/アストロン
 1969年販売のクオーツウォッチ(クォーツアストロン)から名を引き継ぎ今に至る歴史的な最先端時計です。進化を続けるハイエンドラインの時計です。世界初のGPSソーラー時計が誕生します。進化を続け「絶対精度の追求」を目指すモデルです。
「2012年」7Xモデルにセラミックベゼルの下にリングアンテナを搭載、地球上のどこでも、GPS衛星より電波を受信し、正確な時刻を表示します。8Xモデル(2014年)は、7Xに比べ大幅なサイズダウンに成功。5Xモデル(2018年)は、アンテナの仕様が変わり、リングアンテナを覆う大きく分厚いベゼルが必要なくなり、通常の時計と変わらないデザインで作成ができるように。3Xモデル(2019年)は、従来と変わらない性能でさらなる縮小化に成功。レディースモデルが誕生します。2022年5月には、アストロン史上最高の性能をもった機械を搭載した「NEXTERシリーズ」が加わり、進化を遂げています。
■高速タイムゾーン=受信性能に関する部材の全てを新開発し、3軸独立の運針、時針、分針、秒針を独立した高速モーターを使い、時刻を修正する際の針の動きを高速にする事を実現しています。
■スーパースマートセンサー搭載のGPSソーラーキャリバー=時差14時間での修正速度の違い。8Xシリーズでは34秒かかるところを5Xシリーズでは3秒で行えます。
■タイムトランスファー機能=(5Xモデルのみ)=ホーム、ローカルタイムの切り替えが瞬時に可能に。基本の時計機能の他、6時位置の2本の小針と日付横のさらに小さい24時間針のデュアルタイムで表示がされています。この2つの時刻を簡単に(2h4h位置ボタンの同時に長押し)切り替える事ができます。
■スーバースマートセンサー=時計に太陽光が当たると最適なタイミングで自動的に受信を開始、使用者のストレスを最小限にします。
■時刻修正、成功確率の向上=国内仕様における受信が向上し、準天頂衛星みちびき4機体制に対応、また衛星電波受信の性能がさらにアップ
 アストロンは、ハイスペック機能だけでなくデザイン性や自由度の向上。
文字盤にはマザーオブパールを使用しているモデルや、ベゼルにセラミックではなくステンレス素材を採用し、機能上の制約が減った事により自由度の幅が広がっています。GPSを腕時計にするだけでも凄まじい事ですが、レディースサイズにできる程のサイズダウンに成功しています。さらに多くの人が利用できる時計となり、さらなる高みへと進化を続けています。
BRIGHTZ/ブライツ
 ビジネスマンのため基本機能を重視、見やすく、付け心地を良く。ブランドが誕生した22年前(2022年時点)から一貫して貫く理念があるブランドです。上記の理念はそのままに、時代に寄り添いその時代の良いところを取り入れ、さまざまなシリーズを輩出し続けています。限定モデルやコラボモデルも多く発表しているのも特徴です。これまで数多くの作品を残しています。その中からいくつかの紹介をいたします。
 現在は電波ソーラーモデルが現行品として販売されています。22年の歴史の間には機械式モデル、やスプリングドライブモデルなども出ています。現行モデルをムーブメントで分けると大きく2種類に分類されます。SAGZシリーズは3針モデルとなり、シンプルな仕様。SAGAシリーズは多軸モデルとなり、機能を付加した仕様。現行ブライツシリーズの多くはチタン素材を使用し、メタルアレルギーへの耐性を獲得しています。
 ムーブメントの機能として、ソーラー電波(日本、中国、アメリカの標準電波を受信)を採用。ガラスにはサファイアガラスを使い、ガラスコーティングとしてスーパークリアコーティングを採用。この無反射コーティング処理により光の反射を約99%抑制、ダイヤルの視認性向上、表面には防汚膜があり、汚れを簡単に拭き取れるように。また、ケースにはダイヤシールドを施すことにより傷が付きにくい仕上がりです。
 機械式モデルについては、2008年精悍な黒と火の鳥を連想させる赤を採り入れ、情熱的で躍動感がある機械式クロノグラフモデル、フェニックスを発表。ピラーホイール採用のクロノグラフ。軽い力でスタートストップを確実に行う事ができる機構を搭載。通常のストップウォッチの機構と違い円柱型の素材を切削するためコストがかかり、現在では高級クロノグラフムーブメントに採用されています。
 2009年アナンタシリーズにて、ハイレベルのメカニカルクロノグラフムーブメントや、スプリングドライブを使用した高級品市場へ向けたシリーズを展開しています。
スプリングドライブは、ゼンマイを動力源としながらクオーツと同等の高精度を維持できる機構を搭載しています。主にグランドセイコーのモデルで使用される機構です。それから、2012年漆芸家と共同し漆黒の漆塗りのダイヤルを採用、ムーブには雫石の高級時計工房製高級メカニカルクロノグラフムーブを使用したアナンタを発表。2015年15周年記念限定モデル、ブルーサファイアコレクションなども発表しています。
 数々のモデルを輩出し続けるブライツ。見やすさ使いやすさは継承しつつ、機械式から電波時計まで幅広い仕組みを採用しています。さらに時代に応じたコラボレーションを続け、飽きを感じさせません。使いやすさだけでなく、新しいモデルの発表の度に新しさを見いだし続けてくれるブライツシリーズです。
PRESAGE/プレサージュ
 セイコー生誕より蓄積した腕時計づくりの伝統を、日本のみならず世界に日本の美意識を発信し続けるブランドです。2011年に誕生したプレサージュ。機械式ムーブメントを使用したモデルとして登場します。サファイアガラスにより傷に強く、10気圧防水も基本機能として採用しています。その中でも通常モデルのベーシックラインと上位に位置するプレステージラインとにわかれています。
 ベーシックラインの多くは4R系ムーブメントを使用。通常使用するに十分な機能を標準装備し、気軽に機械式を使用できるモデルです。
 プレステージラインには4Rムーブメントの上位に位置する6R系ムーブメントを使用。世界へ通じるセイコーの技術を惜しみなく使用しています。外観についても高級感を感じられるモデルが多くあり、セイコーの最上位機種のグランドセイコーに通じるこだわりがあります。ケースの鏡面仕上げをする際にムラをなくすザラツ研磨もその一つです。この技術によりきれいな外観のラインを出すことを可能にしています。
 クロノグラフタイプには8R系ムーブメントを使用し、多くはセイコーが独自開発をしたトライマティックを採用しています。
セイコーが独自開発した『トライマティック』とは?
■ダイヤショック=セイコーが開発、製造した耐震構造です。衝撃の影響がでやすいテンプなどの軸を受ける重要な部分です。急な衝撃を与えられた際に高い安定性を保ち、精度のずれを抑える事ができます。
■マジックレバー=セイコー独自の自動巻き機構の重要部分です。腕の振りによる振動は左右両回転運動としてマジックレバーへ力が届きます。ゼンマイを巻き上げるに必要な一方向の回転運動に力の向きを変える機構を担い、この機構により効率的にゼンマイを巻き上げ、不自由なく時計を使用できます。
■スプロン=セイコー独自の合金素材です。50年以上前から開発製造を繰り返し、さらには素材にも改良を重ね続け開発されたスプロンは、動力ゼンマイ、ひげゼンマイに採用されています。長く愛用できる機械式時計のために作り出されました。特徴は、「折れない へたらない、錆びない、磁化しない、低温、高温に強い」非常にゼンマイに向いた特性を獲得しています。
 プレサージュシリーズは、機械式時計を手軽に使用できるモデルから、こだわりの一本まで、世界で幅広い層が利用できる時計です。
PROSPEX/プロスペックス
アウトドアシーンに対応する本格機能を備えた時計のブランドです。(ダイビング、トレッキング、スポーツ)1965年国産初、ダイバーズウオッチも販売開始を皮切りに、ダイバーや、冒険家といった各分野のスペシャリストの意見を取り入れその時代の最先端の商品を続々と輩出しています。1918年には復刻デザインダイバーズウオッチがジュネーブ時計グランプリにてスポーツ部門賞を受賞しています。50年以上の歴史、進化により世界のプロから高い信頼を得ています。
プロスペックスでは用途に応じた複数のシリーズが用意されています。
LX LINE=”陸”、”海”、”空”のフィールドに対するハイエンドコレクション
 LX LINEとは、新シリーズのLXラインはリアルスポーツらしさを持ちながら、高級機としての外観や、最高の技術を注ぎ込んだハイエンドコレクションです。デザインコードには、1968年発売のプロフェッショナルダイバーズウオッチを採用し、ケース外周の鏡面が特徴的なモデルです。さらに、陸・空のデザインとの融合により3つの分野の頂点モデルが誕生です。
 LX LINEの構造は、スプリングドライブをムーブメントに採用、伝統的なダイヤルデザインによる視認性の高さ、技術を結集し実現できる外装の研磨技術、ケースサイドの計算された角度による美しい輝き、装着感を高めるための時計ケースの重心の低さがあります。さらに、陸モデルにはベゼルに方位磁針機能とGMT針を採用、海モデルには300mの防水を採用、空モデルにはGMT針を採用と、用途に応じた機能も付加されています。
MARINEMASTER PROFESSIONAL=真のダイバーズウオッチ
 マリーンマスタープロフェッショナルとは世界各国のプロダイバーが絶大な信頼を寄せる真のダイバーズウオッチです。50年にわたるセイコーの技術開発の集大成が詰め込まれた世界最高峰の性能です。1965年、当初自動巻きモデル、150m防水からマリーンマスターの歴史が始まりました。1966年、南極観測隊超冬隊員に4度使用、名だたる冒険家、探検家により、過酷な環境においての使用が証明され、高い実用性、信頼を得てきました。その後の1968年、国産、輸入品とともに300m越えの深海潜水にて高圧ヘリウム混合ガス使用の飽和潜水に耐えられる時計がなく、さらなる高みへの開発チームが結成され、1975年600m防水のマリーンマスターの誕生です。歴史的にもダイバーズ初のチタニウムケースを採用したモデルです。
 マリーンマスタープロフェッショナルの構造は、通常スイスブランドのダイバーズはヘリウムガスを排出する構造ですが、マリーンマスターは、ヘリウムガスの浸入を防ぐ発想で作られています。2014年には、「かいこう7000Ⅱ」に同行した「1000mモデルのマリーンマスター」により深度3000mを上回る事も確認されています。外装には、外胴プロテクターにより圧倒的なスペックを得ることを可能としています。防水面はもちろんムーブメントへの衝撃を和らげます。見た目、サイズ感のインパクトも大きく、時計標準ケースが40mm程に対し、マリーンマスターは50mm前後、厚みも15mm以上が多く、高級腕時計と比べても存在感があります。現在は、強化プラスチック製、セラミック製、チタニウム製の外装プロテクターもあり、見た目ほどの重さを感じさせない軽量性も得ています。手首の甲方向への曲げやすさのため、リューズは4時位置に、ベルトには現在メタルブレスレット、シリコンベルトを用い、ポリウレタンベルトのべたつきやすさの欠点を克服しています。内装は、精度にも魅力があり、機械式とクオーツのいい良いところを生かした、ハイブリッドなスプリングドライブモデル、セイコーが開発したクオーツ搭載モデル、1965年に搭載された自動巻きからさらに進化し続ける機械式モデルと、選択の幅も広くあります。
■DIVER SCUBA=空気潜水用防水ダイバーズウオッチ
 ダイバー スキューバとは、空気ボンベを使う潜水のための、実用的な機能と日常生活にも溶込むデザインの、ダイビング用時計です。100m以上の水深で耐圧性や長時間の水中での使用に耐えられまマリーンマスタープロフェッショナル程の深度まで必要ないが、空気ボンベを使いダイビングする際の選択に入る時計です。
SPEED TIMER=正確な時を計るスポーツウオッチ
 「スピードタイマー」の名を受け継ぐクロノグラフスポーツウオッチです。1964年、国際的スポーツ競技大会にて、高精度なストップウォッチ0.01秒単位の計時を可能にしました。それから、1964年国産初手巻き式クロノグラフ「クラウンクロノグラフ」。1969年垂直クラッチ機構搭載の世界初自動巻きクロノグラフ「1969スピードタイマー」の誕生につながり、DNAは現在のスピードタイマーに受け継がれています。
 スピードタイマーの特徴は、目盛りに届く長い針、角度を選ばない見やすく判読しやすいインデックス。クラシカルなイメージになるヴィンテージ調ルミブライト採用です。自動巻きタイプには新開発「キャリバー8R46」を搭載、垂直クラッチ、コラムホイールを採用し、確実な操作感、安定動作を可能にしています。セイコー独自の技術、三叉ハンマーにより全てのクロノグラフ機構の針が、瞬時にゼロへとリセットされます。新開発メタルブレスレットの重量感と程よい厚みは重心を下げたケースと相性がよく、高い装着感を生み出しています。
ALPINIST=クラシカルなスポーツウオッチ
 1959年誕生のローレルアルピニストは、セイコー初スポーツウオッチを元に、トレッキングや登山に向いたクラシカルスポーツウオッチです。
 アルピニストは、1995年、2006年に登場したモデルの「緑色ダイヤル」と「金色のインデックス」が非常に印象的な時計です。プロスペックスのシリーズにアルピニストとして復活し、基本のデザインやコンセプトを同一としながら、文字盤や針はさまざまなカラーのラインアップがあります。スポーツウオッチでありながら、オンオフ兼用できるデザインです。過酷な環境下を考えられた頑丈な構造、200m防水、視認性が高いデザイン、夜光塗料にルミブライトを採用し夜間の視認性も向上、ケースサイズ38mmと収まりの良い、大きすぎないサイズ感です。6R35ムーブメントを搭載 21,600振動のロービート、70時間パワーリザーブ、日差+25秒~-15秒と同価額帯機械式時計としては高精度を誇り、部品の消耗率を抑えるため、あえて故障しにくいロービートを採用しています。
FIELD MASTER=アウトドアや普段使い、幅広く使用できるフィールドウオッチ
 フィールドマスターの特徴であるタフな外装、防水性、アウトドアでの使用に十分な性能をもつリーズナブルな価額でアウトドア使用できる時計です。
スーパーランナーズEX=ランナーに必要不可欠な機能が充実した
 スーパーランナーズEXの特徴は、デジタル表示による視認性の良さ、10気圧防水により汗を気にせず使える防水性、軽量ボディーにより、ランニング時の違和感を低減させています。ストップウオッチやダブルリピートタイマーなど、ランナーのための機能を搭載しています。
 プロスペックスは、7つのラインによりプロスペックスの幅を広げています。抑え目の価額から高額ラインアップまであり、陸、海、空、で活躍するアスリートが、好みや用途に合わせて選ぶことができます。歴史が深いモデルも多く、現在に至るまでの技術の進化を感じる事ができるモデルです。

目安料金

※横にスクロールしてご覧ください。
内装修理(オーバーホール)費用
電池式(クオーツ) 料金の目安(税込)
2・3針(スタンダード) ¥11,000〜
2・3針(旧モデル・スタンダード) 見積り
クロノグラフ ¥13,200〜
ソーラー電波 メーカー見積り
特殊・その他 見積り
機械式(メカ) 料金の目安(税込)
2・3針(スタンダード) ¥16,500〜
クロノグラフ ¥27,500〜
特殊・その他 見積り
機械式(メカ・オールドモデル) 料金の目安(税込)
2・3針(スタンダード) 見積り
特殊・その他 見積り

関連する修理事例

セイコー(SEIKO)クオーツ式|5Y89-0A70 のご依頼
セイコークオーツ式|5Y89-0A70
セイコー(SEIKO)クオーツ式|8F32-00L0 のご依頼
セイコークオーツ式|8F32-00L0
セイコー(SEIKO)機械式|6R27-00F0 のご依頼
セイコー機械式 | 6R27-00F0
セイコー(SEIKO)クオーツ式|分解清掃のご依頼
セイコークオーツ式
セイコー(SEIKO)機械式|電池交換、針修正のご依頼
セイコー/SEIKO電池式

 

無料修理お見積もり 概算見積シミュレーター
CONTACT 無料お見積もりフォーム
ウォッチドクターでは、安心してご利用いただくために
無料で見積りを承っています。
お電話、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。