MENUCLOSE

CASE

修理事例

ウブロ クラシックフュージョン cal.2892 のご依頼

時計情報
カテゴリ オーバーホール
ブランド名 ウブロ
時計種別 自動巻き式
症状・原因 分解清掃
水入りのため錆あり
料金 分解清掃:クオーツ式¥25,300
ゼンマイ交換¥3,300
その他部品交換¥3,300
修理合計金額¥31,900(税込)
修理期間 4週間
修理士 | Shimazu
メモ
ウブロは1979年にカルロ・クロッコによって設立。フランス語で『舷窓』(船の小窓)という名前が由来で、時計にもデザインがしっかり落とし込まれています。元々衝撃に強いクオーツ式を採用しておりましたが、2005年にジャン=クロード・ビバーが着任し、ブランド初となる機械式を採用した『フュージョン』を発表します。フュージョンは、異素材を組み合わせというコンセプトのもの開発されたこともあり、徐々に人気を集めました。

その後、自社開発ムーブメント『UNICO』を開発や、『ビックバン』『フュージョン』『キングパワー』など名作を次々と発表し、その独創的なデザインは、世界中の時計ファンを魅了していきます。その中でも「クラシック・フュージョン」は、創業から支えてきた『クラシック』を継承し、様々な機能や装飾をそぎ落とした洗練されたモデルです。

関連する修理事例

オメガ ジュネーブシリーズ cal.635 のご依頼

オメガ手巻き式

テクノス ジェイミー cal.2632 のご依頼

テクノス自動巻き式

ブライトリングのスーパーオーシャン cal.2824 のご依頼

ブライトリング自動巻き式

パテックフィリップ カラトラバ cal.215 のご依頼

パテックフィリップ手巻き式

ロレックス サブマリーナ cal.1570 のご依頼

ロレックス自動巻き式

オメガ 手巻き式 cal.620 のご依頼

オメガ手巻き式

ブルガリ レディース クオーツ式 cal.956.112 のご依頼

ブルガリクオーツ式

カルティエ クオーツ式 マストタンクスリーカラーゴールド cal.057 のご依頼

カルティエクオーツ式

オリエント レトロフューチャー cal.46852 のご依頼

オリエント自動巻き式

タグ・ホイヤー カレラ cal.SW1000 のご依頼

タグホイヤー自動巻き式
無料修理お見積もり 概算見積シミュレーター
CONTACT 無料お見積もりフォーム
ウォッチドクターでは、安心してご利用いただくために
無料で見積りを承っています。
お電話、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。