MENUCLOSE

COLUMN & STAFF BLOG

コラム&スタッフブログ
オメガの時計のオーバーホール頻度は?日頃のお手入れ方法も解説
コラム
2022.11.24

オメガの時計を長く、大切に使用するなら、定期的なオーバーホールが不可欠です。しかし、オーバーホールには費用や時間がかかるため依頼したことがない、どのくらいの頻度で依頼すればよいのか分からないという方もいるでしょう。 当記事では、オメガの時計をオーバーホールに出す頻度と、依頼する修理店の特徴について解説します。日々のお手入れももちろんですが、ときには全体的なメンテナンスを行うことで、大切なオメガの時計を長く使い続けられます。 オーバーホールとは?オメガの時計にも必要? オーバーホールとは、時計のムーブメント(内部の機械)を分解し、パーツに洗浄や注油などを施す調整を指します。外から見ただけでは分か

腕時計に曇りが発生したら?原因と対処法を解説
コラム
2022.11.17

腕時計のガラスが曇っていたら、早急にメンテナンスを依頼することをおすすめします。気温差により一時的に結露が発生しているだけの可能性もありますが、曇りが持続するなら時計修理店に相談しましょう。 当記事では、腕時計に曇りが発生する原因と対処法について解説します。腕時計の曇りは、放置していると錆や内部の故障につながります。腕時計が曇ってしまったとき、内部では何が起こってしまうのか知り、いざというときに適切な対処ができるようにしておきましょう。 腕時計に曇りが発生する原因 腕時計の内部に水滴が付いたりガラス内部が曇ったりするときには、主に以下の2つの原因が考えられます。 気温差で結露が発生した 時計内

時計の傷は修理できる?修理業者に頼むメリットと選び方を解説
コラム
2022.11.07

大切な時計に傷がついてしまったときは、外装を研磨することで修理が行えます。しかし、修理は自分でもできるのか、業者に依頼するとしたら費用や期間はどのくらいかかるのか、気になる人も多いでしょう。 当記事では、時計の傷を修理業者に依頼するメリットと費用や期間の相場、さらには業者の選び方についても解説します。大切な時計を長く使い続けるためには、傷がついてしまったときの対処方法をあらかじめ把握しておくと安心です。 時計に傷がついてしまったら修理は可能? 腕時計についてしまった傷は、大抵の場合「外装研磨」という技術で修理でき、凹凸がついた深い傷やへこみも目立たなくすることが可能です。 外装研磨は、バフモー

時計のオーバーホール頻度は?依頼のタイミングや長く使う秘訣も
コラム
2022.10.31

時計を長く使い続けるために必要なのが、定期的に業者に依頼して行うオーバーホールです。オーバーホールは時計をすべて分解して行うものであり、相応の費用もかかるため、実際はどの程度の頻度で行えばよいのか分からない方もいるでしょう。 当記事では、オーバーホールの頻度と、オーバーホールを行ったほうがよいタイミングについて解説します。大切な腕時計を長く使えるよう、腕時計のメンテナンスにも気を配るようにしましょう。 オーバーホールを行う頻度の目安は? オーバーホールとは腕時計のメンテナンス法で、パーツを分解し古くなった油を洗浄した後、動きが悪いパーツの交換・調整をし、再度組み立てて注油・点検を行うことです。

時計のベルト交換方法を解説|ベルトの種類や交換時の注意点も
コラム
2022.10.25

お気に入りの時計は長く大切に使いたいものですが、やはり経年によってあちこちに不具合が出るのは仕方がありません。特にベルトは時計の中でも壊れやすいパーツに当たるため、交換を考える機会も多いでしょう。腕時計ベルトは、「どの素材を選ぶか」「どのようなデザインを選ぶか」によって、同じ時計でも与える印象を大きく変化させるアイテムです。 当記事では時計ベルトの主な種類4つとその特徴、ベルトを交換する方法・注意点を解説するため、ぜひ参考にしてください。 時計のベルトにはどのような種類がある? 時計で交換できるベルトは定番のものから一風変わったものまで、素材・デザインともに多種多様です。どのベルトを選ぶかで時

腕時計のオーバーホールについて解説|必要性と作業工程・費用相場も
コラム
2022.10.06

お気に入りの腕時計を「長く大切に使い続けたい」と考えるときに欠かせないのがオーバーホールです。オーバーホールは、人間の定期検診や自動車の車検に例えられるくらい、腕時計にとって重要な作業に当たります。しかし、実際の作業を目にする機会は少ないため、なぜ重要で、どのような作業が行われるのかよく分からない人もいるでしょう。 当記事では、腕時計におけるオーバーホールの必要性と作業工程の概要、メーカー正規店・修理業者それぞれに依頼する場合の費用相場を解説します。 時計のオーバーホールとは? 時計のオーバーホールとは、腕時計を本格的に整備する一連の作業を指す言葉です。腕時計のムーブメントすべてを分解し、部品

腕時計のオススメは、電池式と機械式のどっち?
コラム
2022.06.28

 この質問は、時計販売店でよく聞くフレーズです。絶対に機械式(メカニカル式)が良い、または電池式(クオーツ式)が良いと意見が分かれそうですが、私の意見は、どちらも正解ではないと思っています。それは、どのポイントを重要視して購入を考えいるかによって答えは変わるからです。  そこで今回は、それぞれの特徴やオススメな人について紹介します。   この記事で分かる事 機械式時計の特徴やオススメな人  機械式時計とは、ゼンマイを巻き上げ、巻き上げられたゼンマイがほどける力を動力源として動く時計ですが、電池式の腕時計と比べた際に機械式時計の特徴やオススメな人は下記の通りです。   &nb

100均やホームセンターで買える⁉|お手軽腕時計メンテナンス用品(電池交換、外装クリーニング)の紹介
コラム
2022.01.06

 腕時計が壊れた場合、真っ先に思い浮かべるのは修理費用だと思います。選択肢としては自分で修理?時計屋さん?ホームセンター?家電量販店(ヨドバシカメラ・ヤマダ電機)?などなど。その中で一番費用が抑えられるのは、自分で修理することです。   腕時計の修理に100均で買った商品は使えるのか?    今回は修理費用を最小限に抑えるために、腕時計修理のプロ目線でお勧めできる、100均(ダイソー・Seriaなど)で買った商品「お手軽メンテナンス用品(電池交換、クリーニング)」を一部紹介いたします。  注)あくまで専用の工具ではないので自己責任でお願いいたします。   &nbs

腕時計の電池交換を依頼すると高い?|作業、費用、構造について
コラム
2021.11.05

 時計の電池交換は高いと思った事はないでしょうか?そこで年間件数72000本腕時計を修理する弊社が、作業工程を交えながら「電池交換」について解説いたします。   メーカーや時計修理会社に腕時計の電池交換を依頼すると高いと思う理由とは?  電池交換や修理の費用が高いと思う場合、何かを基準にしているはずです。     高いと思う基準 腕時計の電池交換は自分でもできる。 電池の単価や作業を基準にすると高い。 ホームセンター、家電量販店などを基準にすると高い。    クオーツ式の時計をお持ちのお客様の中にも、自分で電池交換作業をした経験がある方もおられるかと思い

時計修理(分解清掃)は自分でできる?
コラム
2021.07.20

 この記事で分かること 時計修理を自分で行うメリット・デメリット ▼メリット 費用を抑えることができる。 自分の必要なタイミングと頻度で修理できる ▼デメリット 修理に対して保証がつかない 修理に時間がかかる 専門知識がないため、修理方法を調べる必要がある     自分で時計修理を行う方法  メーカーや修理業者で実施する場合、費用は必ずかかってきます。自分で時計修理を行う場合も、修理工具の購入には費用がかかりますが、業者依頼よりもコストが抑えられるため、『費用を抑えたい人』「業者に依頼する時間がない人」などはオススメできる方法になります。修理方法としてはいかになります。 &

  • 1
  • 2
無料修理お見積もり 概算見積シミュレーター
CONTACT 無料お見積もりフォーム
ウォッチドクターでは、安心してご利用いただくために
無料で見積りを承っています。
お電話、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。